【難聴の悩み】周りに相談相手はいますか?(アンケート企画)

どうも難聴ブロガーのなんちです(^^♪

今回は第3回目の「耳に関するアンケート企画」ということで「あなたの周りに難聴の悩みを相談できる人は何人いる?」というテーマでお届けします!

先日Twitterでアンケートを実施しました。195名の投票をしてくださった皆様ありがとうございます!!

今回のブログでは、その結果と私の考察をご覧ください。

※Twitterのみの調査のため比較的年齢の若い方が多く投票しております。完全に正確なデータではありません。参考程度にご覧ください。


アンケートの結果

trouble-consultation-deafness2

195名の難聴者を対象にしたアンケートの結果は

  • 4人以上・・34名(17%)
  • 2〜3人・・49名(25%)
  • 1人・・・・25名(13%)
  • 0人・・・・87名(45%)

という結果になりました。

上記の表から42%の人は2人以上の相談相手がいるのに対し、約半数の人は「誰も相談相手がいない」ということが分かります。

「難聴」は見た目では分かりづらいことから、一般的に理解されにくい障害として知られています。

特に一番の理解者であってほしい家族や親友からも、なかなか理解されないという声も多いのが現状です。

心の拠り所が少しでもあれば、精神的な負担は減ることでしょう。

一方で、「悩みを相談」できる人が全くいないというのは、とても危険です!

「難聴」になると、次第に孤独感や疎外感を抱くことが増えてきます。その気持ち・苦労さを分かち合える人がいないのは、とても苦しいですよね。


おすすめの相談相手は?

ここからはおすすめの「相談相手」をご紹介します!

出来るだけ、「同じ境遇の人」or「難聴についての知識を持っている人」が個人的には良いと思っています。


trouble-consultation-deafness3

聴覚障害者センター

多くの県では聴覚障害者センターが設置されています。

聴覚障害者センターの一覧⇒施設・賛助会員一覧リンク 全52施設

各センターにより行っているサービスは異なりますが、多くの施設では「聴力検査」・「字幕の入った映像物の無料貸出」「手話教室」や「聞こえの悩み相談」を実施しています。

私も一度、お仕事のことで悩んでいる時に利用させてもらいましたが、丁寧に相談にのっていただき、とても参考になりました。

基本的に無料で利用することができます。※詳しくは各聴覚障害者センターにお問い合わせください。

頻繁に利用できるわけではありませんが、有益な情報をもらえるかもしれません!


trouble-consultation-deafness4

補聴器店のスタッフ

これは結構、人によって評価は異なるかなと思います。しかし補聴器店のスタッフは「聞こえの悩み相談」のプロと言っても良いでしょう!

特に近年では補聴器の性能もかなり高く、数年前に試して効果がなかった人でも、今では効果があるというケースも多く見受けられます。

もちろん補聴器の効果には個人差があり、難聴になった原因によっては期待できないこともありますが、一度相談してみるのも一つの手でしょう!

補聴器のことだけではなく、日常生活の難聴の悩みに対しても、相談にのってくれるかもしれません。

認定補聴器専門店一覧⇒こちら

trouble-consultation-deafness5


難聴者

上記の2つで効果がなければ、実際に難聴者に相談してみるのも良いでしょう。

私も過去に数十人の難聴者とお話をさせていただきましたが、共通する悩みはかなり多いです。そしてそのほとんどはコミュニケーション時です。

「カミングアウトの仕方」「聞こえなかったときの適切な聞き返し方」「仕事の選び方」「飲み会で苦労したこと」など。同じ境遇で生きてきた人だからこその意見は説得力があり、とても貴重です。

最近は、片耳難聴に特化したコミュニティも増え、Twitter等でも探すことができるようになりました。

今は実際に対面で会わなくても、Zoomなどのアプリを利用してお話することもできますからね!

是非一度試してみてください!


それでは次回またお会いしましょう!

YouTube⇒ なんちの片耳難聴学

Twitter⇒こちら

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

お問い合わせ

1件のコメント

コメントを残す