ボルダリングの魅力 〜片耳難聴なんて気にならない〜

どうも、難聴ブロガーのなんちです(*^-^*)

今回は「ボルダリングの魅力」というテーマでお話していきます。

いつもと少しテーマが違いますよね(笑)

片耳難聴の私ですが、スポーツをするにしても「聴力」のことが気になったりで、なかなか勇気がなく遠ざけてきました。

しかし、社会人になって運動をしないとと始めたのが「ボルダリング」!今回のブログでは「ボルダリング」の魅力を難聴者目線でお伝えします!

ボルダリングって?

フリークライミングやスポーツクライミングの一種で、最低限の道具で岩や石、人工の壁面などを登るスポーツのことをいいます。近年テレビなどでもよく取り上げられ、老若男女楽しめるスポーツとしても有名ですよね!

岩や石はカラフルになっており、文字がかかれているのもあります。どれを使ってもいいというわけではなく、色や形などに応じてレベルが設定されており、同じ種類の岩を使ってゴールまで行かなければなりません。

東京オリンピックでは、スポーツクライミングの種目のひとつとして採用されており、日本人のメダルへの期待が高まりますよね!

ボルダリングの魅力は?

自分のペースで楽しめる

基本的にボルダリングは個人スポーツです。競技などの大会でない限り、時間などの制限もないため、自分のペースで楽しむことができます。「疲れた」「握力がなくなった」と思えば、周りを気にすることなく休憩することができます。

時には、登っている最中に次の足場がなく困っていたりすると、周りの方がアドバイスをくれたりしますが、基本は自分で考えて登ることが多く、あまり「聴力」のことは気にならないと思います。

そして、ボルダリングに行くと、一人で来ている方を多く見かけます。最初のうちは2人くらいの少人数で行き、サポートしあって楽しむのも良いかもしれません。

達成感を味わうことができる

イメージが湧くかもしれませんが、ゴールができたときは、心地の良い疲労感と達成感を味わうことができます。

ボルダリングはレベルが低いものから高いものまであります。

私もボルダリングを始めてまだ数回ですが、前回登れなかったレベルをクリアできた時には嬉しさと達成感が溢れますよね!!

健康効果が期待できる

「ボルダリング」というと、腕や手の力が必要と思われがちですが、もちろん大切ではありますが、全身の筋肉をバランスよく使わなければ、ゴールができません。

「ボルダリング」によって、腕や手の筋肉はもちろんのこと、背中やお尻・ふくらはぎなどの筋肉をバランスよく鍛えることができます。

また、「ボルダリング」というスポーツは有酸素運動と無酸素運動が組み合わったスポーツなのです。

継続的にボルダリングを行うことで、基礎代謝が上がり健康な身体へと導いてくれます。

手軽にできる

「ボルダリング」が初心者から上級者に愛される理由の一つであると思います。

準備物は運動できる服装くらいで、天候によって左右されることはありません。

しっかりと注意して行えば、怪我の少ないスポーツです!!

※補聴器などを付けて行う場合は注意してくださいね( ^^) _U~~

最後になんちの一言!!

最後まで見ていただきありがとうございます。私も始めてまだ数回の初心者ではありますが、本当に楽しいスポーツです。「耳」のこともあまり気にすることなく楽しめるのでおすすめです。

それでは次回またお会いしましょう!
Twitterのフォローよろしくお願いします
@nanti_tsunagaru

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

お問い合わせ

コメントを残す