「難聴」はカミングアウトすべき?メリット・デメリットをご紹介!

どうも難聴ブロガーのなんちです(*^-^*)

今回は「難聴のカミングアウト」第2回ということで、カミングアウトするメリット・デメリットについてご紹介します!

第1回「難聴のカミングアウトの仕方と注意点」については⇒こちらをご覧ください。

第1回で「難聴」をカミングアウトするかどうかは個人の意思次第とお伝えしましたが、個人的には「難聴」で困っているのであればカミングアウトするべきだと考えます。

の理由としては、「難聴」の問題は家族や友人・同僚を含め周囲の人々の協力があってからこそ解決するものだからです。

今回のブログではそんな「難聴」をカミングアウトするメリット・デメリットについてご紹介します!

「難聴」をカミングアウトするメリット・デメリットを教えてよ!
了解!では早速解説するね!!

メリット

合理的な配慮

「難聴」の良き理解者であればカミングアウトすることで配慮をしてくれるでしょう。周

囲の人・状況に応じて配慮の仕方は異なりますが、会話が聞こえやすい席を譲ってくれたり、マスクを外して会話をしてくれたり、食事の際は雑音の少ない個室を選んでくれたりするなど「難聴」の程度に応じて様々な配慮をしてくれる可能性があります。

配慮をしてくれた時には必ずお礼を言いましょう!

誤解を生まない

難聴者の多くは一度や二度、呼びかけや会話が聞こえず、結果的に「無視してしまった」という経験があるのではないでしょうか。

カミングアウトしたからといって無視しても問題ないということはありませんが、相手も「○○さん耳の聞こえが良くないから聞こえなかったのかな」とその場を解釈することでしょう。

この解釈の仕方は耳の聞こえの良し悪しよりも、日常でのその人との接し方にもよるかもしれませんね。

気持ちが楽になる

やはりカミングアウトは気持ちを楽にさせます。人と関わる以上「難聴」の問題は無視することはできません。

毎度「難聴のこと言った方がよいかな?」「無視したと勘違いされていないかな?」と不安を抱えていることはストレスを蓄積させます。

カミングアウトに勇気がない人もいるかとは思いますが、多くの人は優しく受け入れてくれますよ!!

デメリット

効果がない場合も

勇気出して言ってみたものの、何の変化もなかったということも多々あります。

人によっては耳が悪いことを深刻に捉えてない人もいますし、「難聴」であることを知ったとしてもどのように接して良いのか分からないという人もいます。

これは人それぞれの価値観であり、こちらが強制するものではありません。

障がい者扱いされることも

これは少し厳しい言い方でもあり、不当な扱いのように感じますが、これまで身近に難聴者がいなかった人からすると「特別な目」で見てしまう可能性もあります。

「耳が悪いから飲み会は誘わない方が良いかな?」「耳が悪いから会話が苦手かな?」など偏見の目で見られてしまうこともあるかもしれません。

しかしこれは人間関係が出来上がる前の問題です。その人と多くの時間を共にすることでそのような偏見はなくなるでしょう!

時間とともに忘れられる

これは多くの難聴者が痛感していることではないでしょうか。デメリットではありませんが、忘れられることで悲しい気持ちになることもあります。

特に片耳難聴者となると、「あれ?どっちの耳が悪かったっけ?」などと聞かれることもあります。

「最初は配慮してくれてたけど、最近はそんなこともないなぁ」と感じることもあるでしょう。もし忘れられてるかなと思ったら優しく丁寧にもう一度伝えましょう!


以上がメリット・デメリットになります。「難聴」をカミングアウトしても受け取り方は人それぞれです。ただ、総合的に考えるとカミングアウトした方が間違いなく良いと言えます。

たとえ忘れられることもあるかもしれませんが難聴のことを内に秘めていても状況を変えることはできません。是非、勇気を出して身近な人からカミングアウトしていきましょう!!

ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル(120粒*2コセット)【ネイチャーメイド(Nature Made)】

価格:3,246円
(2019/11/24 18:46時点)
感想(168件)


最後になんちの一言!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

2回に分けて「難聴のカミングアウト」についてお話をしました。カミングアウトは非常に勇気のいるものだと思います。言いそびれたり、思っていもいない返答をされることもあるでしょう。ただそれは自分の難聴を受け入れて前進している証拠だと思います。少しずつです(*^。^*)

それでは次回またお会いしましょう!
Twitterのフォローよろしくお願いします
@nanti_tsunagaru

ブログランキングを始めました。 よろしければクリックお願いいたします。

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

1件のコメント

コメントを残す