【片耳難聴あるある】いくつ共感?「日常生活・仕事・人間関係・会話」

片耳難聴あるある 片耳難聴
スポンサーリンク

片耳難聴あるある

日常生活編

☆異常と分かっているのに聴力検査を受けなければならない。

☆不意に呼びかけられると、プチパニックになる。

☆寝るときに「聞こえの良い耳」の方を下にするとテレビの音が聞こえない 。一方で熟睡できる。

☆バスや電車・映画館などの席位置に困る。

☆字幕のないテレビ番組は内容が理解しにくい⇒漫才や生放送

☆聞こえの良い耳に違和感や痛みがあると、ものすごく心配になる。

☆チームスポーツで、仲間からの指示が聞き取れない。

☆病院の待合室で呼ばれた名前に気付けるか不安。

☆聞こえの悪い耳の方に人が来ると、急に焦りだす。

☆内緒話は聞き取れないので内緒話ではない(笑)

☆アナウンサーの声はとても聞き取りやすい。

☆洋服屋や靴屋などに友達と買い物に行くと、いろいろな方向に動くため、立ち位置の確保が難しい。

☆ 難聴のことを知らない友達が「この音楽聞いてみる?」と言って、片方のイヤホンだけ貸されるとマジで焦る。

☆英語が聞き取りにくく「留学」とは無縁の人生だと感じる。

☆ドライブスルーを利用したとき、声が聞き取れるか不安になる。

☆Twitterを見ていると「片耳難聴の人ってこんなに世の中にいるんだ」と実感する。

☆いつの間にか笑いの対象になっているときがある。

☆子どもたちが騒いでいるとママ友の話し声が聞こえない。

☆「阿藤」「佐藤」「加藤」など、名前の聞き間違いが多い。

☆「片方のイヤホン」の置き場に困る。

☆「補聴器付ければ問題はないんでしょ」と思われることが多い。

☆デートの際、恋人とつなぐ手は必ず左手(右耳難聴)

☆音に「立体感」を感じられない。

☆歯医者では機械音がうるさく、医者もマスクしているため聞き取りづらい。

☆食事中は咀嚼音で会話がかき消される。

☆勇気を出してカミングアウトするものの、すぐに忘れられる。

仕事編

☆会議や飲み会の席位置に困る。

☆電話が鳴っている場所の方向が分かりづらい。

☆マスクの使用率の高い職場は、さらに聞き取りづらい。

☆外勤などの際に車の助手席に乗ると居心地が悪い(右耳難聴)

☆友達との会話みたいに愛想笑いが通用しない。

☆聞き取れるか不安なため、質問を怠ってしまうことがある。

☆忙しいときなどは、特に聞き返すことに躊躇してしまう。

☆ 聞き取ることに集中しすぎて、内容があまり入ってこない。

☆急な指示には対応できない。

☆聞き間違いでミスをすると、本当に落ち込む。

☆休憩中は一人になることが多い。

☆有線などが邪魔で聞き取りにくいことが多い。

☆電話よりメールやfaxを多用してしまう。

☆「耳悪かったら障害者手帳取得すれば?」と言ってくる人がいる。⇒片耳難聴では申請できない。

☆宴会や結婚式などで机が円卓の場合、どこに座っても困る。

☆挙動不審や天然に思われることが多い。

会話編

☆会話中、話についていけなくなると、とりあえず愛想笑いと相槌を打ってごまかす。

☆会話するときは、体をひねったり、口の動きを読み取って話を聞いたりと、全神経を使う。

☆聞こえなくて聞き返したら、「独り言だよ」って言われる。

☆話し相手がマスクをしていると絶望感を感じる。

☆友達との会話に入ることができず、孤独を感じることがある。

☆聞き取れた単語から相手の言っていることを推測する。

☆人の指示が聞き取れないので頭が悪いと思われることがある。

☆2人きりだとよく会話をするのに、3人以上になると急に黙ってしまう。

☆質問されると、全くつじつまの合わない答えを言うときがある。

☆「聞こえる」と「聞き取れる」には大きな違いがある。

☆飲食店やショッピングモール内で流れている曲で会話がかき消される

☆ドライヤー中、美容師に話しかけられても内容が全然入ってこない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました