【補聴器の購入】確認すべき5つのポイント!?お店の選び方は?

どうも難聴ブロガーのなんちです(*^-^*)

今回は「補聴器を購入する前に確認すべき5つのポイント」というテーマでお話します!※個人的な見解です。

YouTubeでの解説は⇒こちら

「補聴器」を購入したいんだけど、どのお店を選んだら良いのか分からないんです。近所の眼鏡店で良いのかな?
「補聴器」はとても高価な機械。簡単には選べませんよね。補聴器を持っている私が確認すべきポイントを5つご紹介しますね♪

今回のブログでは、最適な補聴器を選ぶために、以前に補聴器を購入したことのある私が、「ここは押さえておいた方が良いよというポイント」を5つ、消費者目線でご紹介できればと思います!

補聴器の選び方 5つのポイント

hearing-aid-selection-picture


1.専門の技能や知識を持ったスタッフが在籍しているお店を選ぶ


補聴器は思っている以上に複雑な機械で、自分の耳に合った最適な補聴器を購入するには、販売員の正確な機械の調整が求められます。

つまり、販売員の知識や技術のレベルの差によって、その効果はかなり異なってきます。

私も補聴器を購入したお店とは別に、違うお店にも行ったことがあるのですが、販売員のスキルによってかなり差があるということを実感しました。

良いお店では、「お客さんの日常生活での困りごと」をしっかりとヒアリングした後、そのお客さんに対して最適な補聴器を提供するために、何度も調整をしてくれます。

一方で、利益重視で考えている店舗というのは、「このパターンだとこの補聴器が良い」というように、決まったマニュアルでしか対応をしてくれない印象を受けました。

そこで問題なのが、どのお店を選べばよいかということです。

在、補聴器を取り扱っているお店は日本に約8千店舗あると言われています。

その中で一般的に補聴器を購入するのにオススメと言われているお店は、「認定補聴器専門店」です。

これらの店舗には補聴器に関する専門的な知識及び技能を習得した「認定補聴器技能者」言わば、補聴器のスペシャリストが在籍しています。

聞こえの悩み相談・補聴器の調整・貸出・購入までを丁寧に、そして分かりやすく対応してくれるため、認定補聴器専門店を選べば、比較的失敗は少ないでしょう!

×間違っても、通販等では買わないようにしましょう×

認定補聴器専門店の一覧は⇒こちら


2.「どのような場面で困っているのか?」「どのような音が聞き取りにくいのか?」を明確にしておく


補聴器店では初めに聴力検査を行い、その結果を参考に補聴器を選んでいきます。

しかし、聞こえ方には個人差がかなりあるため、聴力検査の数値だけで、最適な補聴器を選ぶことは難しいと言えるでしょう!

そのため、 「どのような場面で困っているのか?」「どのような音が聞こえにくいのか?」を明確に伝えることが大切です。

例えば、「会議での聞き取りに困っている」「騒がしい場所での聞き取りが難しい」「男性の声が聞き取りにくい」「電子レンジやトースターなどの音が聞こえなくなった」など出来るだけ、聞こえにくい状況を分かりやすく伝えましょう!

販売員がしっかりとヒアリングしてくれるとは思いますが、ただ単に、「音が聞こえにくいということ」を伝えるだけでは、自分に最適な補聴器を購入することができない可能性もあるので、この点を押さえておきましょう!


3.家族や知人に同伴してもらう


状況にもよるので、決して必須とは言えませんが、補聴器はとても高額な商品でもあるため、同伴してもらい、一緒に説明を聞いたり、客観的な意見をもらうのは大切なことです。

また人によっては、本人は補聴器を必要としていなくても、周りが「補聴器を付けてほしい」と言っているケースもあります。

「難聴」 や「 補聴器」 を 理解するうえで  、また使用上の注意や保証についても正確に理解するうえで、家族や知人に同伴してもらうのが個人的には良いと思います!


4.試聴の際はできる限り日常生活と同じ行動をする

これは正直、マストです!

多くの補聴器店では、1週間~1ヶ月ほど無料で貸出を行っています。(電池代は負担)

実際に、学校や職場、通っているサークルなど普段と同じ環境の下で「補聴器」を付け、装着前と装着後の変化を確認することが大切です。

私も試聴をしてみて、人との会話では効果を感じることができたのですが、その一方で風の音や食器と食器がぶつかる音、ドアを閉める音などの雑音がめちゃくちゃうるさく感じることがありました。

もちろん、その都度、お店で調整を行ってくれて自分に合う補聴器へと仕上げてくれますが、多くの場面において試聴をしないと気づけないこともあります。

最初は抵抗もあり、恥ずかしさもあるかもしれませんが、出来る限り、いつもと同じような生活環境で装着してみた方が良いと思います。


5..アフターフォローがしっかりとしているお店を選ぶこと

補聴器は購入するときも大切ですが、購入後のアフターフォローもとても大切です。

購入した後は「もう少し音量を上げたい」とか、「補聴器に耳垢が詰まって聞こえにくくなった」などの問題が必ずでてきます。

普通のお店では、購入後に、「音質 の調整」 や「補聴器の点検」・「クリーニング」を無料でやってくれますが、通販や評判の悪いお店で購入してしまうとアフターフォローがない場合があります。

そうすると、「機械が壊れてしまった場合」や「音を調整したい場合」「使い方が分からなくなった場合」なども基本的に自分で対応しなければならなくなります。

精密な機械を自分で対応するのはかなり難しいので、必ずアフターフォローがしっかりとしているお店を選ぶようにしましょう!


合わせて読みたい⇒補聴器使用率 海外との比較で分かる普及率低迷の原因について part2

合わせて読みたい⇒補聴器あるある Part1


最後になんちの一言!


最後まで見ていただきありがとうございます!!

今回は「補聴器を購入する前に確認すべき5つのポイント」というテーマでお話しました。

補聴器はとても高額な機械なので、良いお店で自分に合った補聴器を選ぶ必要があります。

そのためには上記でご紹介した5つのポイントをしっかりと守りましょう!


それでは次回またお会いしましょう!

YouTube⇒ なんちの片耳難聴学

Twitter⇒こちら

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

お問い合わせ

コメントを残す