【聴覚過敏】オススメの対策2選!効果的な方法とは!?

どうも難聴ブロガーのなんちです(^^♪

今回は【聴覚過敏 オススメの対策2選】というテーマでお話します!

YouTubeでの解説は⇒こちら

以前ご紹介した聴覚過敏の概要についてはこちら⇒「聴覚過敏」ってどんな症状?あるあるネタでご紹介します!

measures-hyperacusis❶


聴覚過敏とは

「聴覚過敏」とは周囲の音が我慢できないほど大きく聞こえたり、響いたりする状態のことを言います。

程度や聞こえ方は人によって異なりますが、日常生活の多くの場面で音に対して苦痛を感じるようになります。

(例)掃除機・ドライヤー・トイレを流す時の音・会話・エアコンの音・子供の泣き声・鼻すすりなど

measures-hyperacusis2

聴覚過敏の原因

❶内耳・耳小骨に原因がある場合

⇒突発性難聴やメニエール病・顔面神経麻痺などが該当

❷脳に原因がある場合

⇒てんかん・偏頭痛・自閉症・ADHDなどが該当

❸ストレスの蓄積が原因の場合

ストレスや疲労の蓄積などにより、自律神経が乱れることで発症することもあります

聴覚過敏への対策

聴覚過敏の厄介なところが、ネットで調べても本を読んでも、効果的な対処法についての情報はあまり載っていないことです。

原因を特定して、それに向かって治療を行うことが、「聴覚過敏」という症状を緩和させるうえで、最善の方法はでありますが「明確な治療法」はなく、なかなか難しいのが現状です。

そこで、今回のブログでは自身の体験談も踏まえ、症状を緩和させるための「オススメの対策2選」をご紹介します!

measures-of-hyperacusis3

防音具を利用しよう

1つ目は防音具を利用することです。

聴覚過敏の対策グッズとして、主に次の3種類が挙げられます。

  1. イヤーマフ
  2. ノイズキャンセリングイヤホン
  3. デジタル耳栓

measures-hyperacusis4

1.「イヤーマフ」というのは、ヘッドフォンのような形状をしている防音具であり、周囲の雑音を遮断してくれる効果があります。

商品によって多少違いはありますが、比較的、低い音から高い音までの幅広い音域の音を遮断できるのが特徴です。

このように見た目はヘッドフォンと似ていますが、遮音効果は通常のヘッドフォンと比べ約2倍程度あると言われています。

measures-hyperacusis5

2.ノイズキャンセリングイヤホン(ヘッドフォン)とは、その名の通り、騒音を打ち消すイヤホンのこと言います。

仕組みは少しややこしいんですが、搭載されたマイクによって集められた騒音がデジタル信号化され、騒音を分析します。

そして、その騒音に対して正反対の音波を流すことで音波同士が打ち消し合って騒音が除去されるという仕組みになっています。

以前は有線タイプのものが多くありましたが、今はブルートゥースで接続できるワイヤレスのイヤホンも増えてきています。

measures-hyperacusis6

3.「デジタル耳栓」とはノイズキャンセリングの機能がある耳栓のことを言います。

先ほどのノイズキャンセリングイヤホンは音楽を聴くことが出来るのに対して、こちらは音楽を聴くことの出来ないバージョンのイヤホン(耳栓)と思っていただくのが一番イメージしやすいかもしれません。

周囲に協力を求めよう

聴覚過敏へのオススメの対策、2つ目は「周囲に協力」を求めることです。

「いやいや。。身近にいる家族や友人が協力してくれないからしんどいんだよ」
おっしゃる通りで、「難聴」や「聴覚過敏」は、見た目では分からないので、なかなか理解されにくいのが特徴です。でも逆を返せば、周囲を味方に付けることこそが、過ごしやすい環境をつくるうえで最も大切なのです。

 

残念ながら、全ての人に分かってもらうというのは現実的に無理な話といっていいでしょう。

しかし、家族・部署の仲間・学校の先生など、特定の人物だけでも理解してくれる人を作ることができれば、状況を少しは改善することができます。


※以下は私が実際にやっていたことです。

measures-hyperacusis❷

まず、左図のような「クッションテープ」を家のあらゆる扉に付けました。

特に私の場合、家の構造上の問題でもあるかもしれませんが、扉を閉める時の音が非常に不快に感じることが多くありました。

この「クッションテープ」のおかげで、扉を閉める音を最小限に抑えることができました。

そして右図のように、リビングに行くときに使う扉には「静かに閉めてください!」の張り紙を貼りました。

少し古いやり方ではありますが、人と暮らすうえでは、こういった方法で少しでも協力してもらえる環境を作ることが大切です。

measures-of-hyperacusis❸

他にはテレビの音量を小さくしてもらったり、ドライヤーをかけるときには必ず浴室のドアを閉める。

エアコンは強風ではなく弱風!症状が特に酷い時には、一人だけ別の部屋で夕食を食べることもありました。

また家族だけなく、会社の同僚や学校の先生に理解を求めることも大切です。

職場でのノイズキャンセリングイヤホンの使用許可をとったり、場合によっては「席位置」を配慮してもらったり、学校においては机やイスにテニスボールを付けてもらうことで、対策をすることができます。

measures-hyperacusis9

そして「聴覚過敏」への理解を広めるために、聴覚過敏保護用シンボルマークというのがあります。

見た目では分かりづらい「聴覚過敏」に対して、少しでも理解してもらうために、このようなマークやバッジなどを使用するのも効果的かと思います。

ダウンロードは⇒こちら

完璧を求めず、「今よりも症状が緩和されることを目標」に生活を見つめ直すことが何よりも大切です!

後になんちの一言

私も経験ありますが、「聴覚過敏」は本当にしんどいです。

その一番の原因は、自分だけでは対策をすることが出来ず、周囲の協力が必要不可欠だからといっていいでしょう。

少しでも聴覚過敏の理解が広まり、過ごしやすい世の中になると嬉しいですね!

それでは次回またお会いしましょう!

YouTube⇒ なんちの片耳難聴学

Twitter⇒こちら

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

お問い合わせ

コメントを残す