【入院必須?】外リンパ瘻の原因と特徴について

どうも難聴ブロガーのなんちです(*^-^*)

今回のテーマは「外リンパ瘻」です。

「がいりんぱろう」と読みます。耳の病気の中では、あまり認知度は低いのかもしれません。

しかし、強く咳込んだり、重たい荷物を持ったりすることで「外リンパ瘻」になることもあります。激しい難聴やめまい・耳鳴りをもたらすとても厄介な病気としても知られています。

そこで今回は誰にでも発症しうる「外リンパ瘻」の特徴についてご紹介します!

※このブログでは「外リンパ瘻」の一般的な特徴と治療法についてご紹介しております。ご不明な点がございましたら、お近くの耳鼻科を受診しましょう。

外リンパ瘻について

内耳には「卵円窓」と「正円窓」という二つの窓があります。「外リンパ瘻」は何らかの原因で内耳にあるこれらの窓に穴が開き「外リンパ液」が中耳に濡れ出る病気です。

あまり認知度は高くはありませんが、決して珍しい病気ではありません。突発性難聴やメニエール病と症状がよく似ていることから、これらの病気や原因不明の難治性めまいと診断されるケースもあります。

「外リンパ瘻」の疑いがある場合は専門医に見てもらうことが必要です。

原因

「外リンパ瘻」は日常生活の様々な行動で発症します。内耳にある窓が破裂することで「ポン」というような音が聞こえることがあります。以下、考えられる原因をまとめております。

・重い荷物を持つ
・強く咳き込む
・強く鼻をかむ
・くしゃみ
・飛行機の離陸時・着陸時
・スキューバダイビング
・エレベーター
・耳掃除による鼓膜穿孔
・事故による頭部損傷

多くは耳に強い圧力がかかることで発症します。激しい「回転性のめまい」「難聴」がある場合は「外リンパ瘻」を疑いましょう。

症状

「外リンパ瘻」の症状として多いのは「回転性のめまい」「難聴」「耳鳴り」です。また、平衡感覚に影響を与えるため「ふらつき」「嘔吐」などの症状を訴える人もいます。

内耳にある窓が破れることで「ポン」という音が聞こえることがあります。また、水の流れるような「耳鳴り」がすることで、ご自身で症状に気づく人もいます。

診断

「外リンパ瘻」の診断方法としてまず挙げられるのは「聴力検査」や「平衡機能検査」です。またCTやMRIを用いて、外リンパ液の漏出を確認します。

治療法

「外リンパ瘻」の治療方法は「安静」or「手術」です。多くは入院をして安静にすることで治ります。ベッドに寝転がり、頭を約30度ほど挙げた状態で安静にするのが良いと言われています。

早ければ1週間ほどで、卵円窓と正円窓に開いた穴が閉鎖し症状も落ち着いてきます。

しかし、難聴が進行したり、「めまい」「ふらつき」が治らない場合は「鼓室試験開放術」を検討する必要があります。これは外リンパの漏れや前庭窓・蝸牛窓の穴を確認し、開いた穴を閉鎖をする手術です。

病院によりますが、1〜2週間程度の入院が必要です。また、味覚障害が起こる場合がありますので詳しくは医師に相談しましょう。多くは手術により治りますが、治療が遅れた場合は聴力が正常に戻らないこともあります。

予防

耳に強い圧力をかけないことが大切です。トイレで前かがみになりすぎたり、シャンプーをする際に息を止めたりすることで発症することもあります。できるだけ、「気張らない」「息を止めない」「ため息をつかない」を意識しましょう。

最後になんちの一言!

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは次回またお会いしましょう!
Twitterのフォローよろしくお願いします
@nanti_tsunagaru

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

お問い合わせ

1件のコメント

コメントを残す