片耳難聴は履歴書に書くべき?【就活生必見】

どうも、難聴ブロガーのなんちです(*^-^*)

今回は「片耳難聴は履歴書に書くべき?」というテーマでお話していきます。

結論から言うと、個人的には「書くこと」をお勧めします!

ここでは「履歴書に記載する」という表現をしておりますが、面接の際に口頭で伝えてもOKです。

理由について述べる前に、「片耳難聴✖就職活動」の現状についてざっくりと説明いたします。

日本では、聴覚における障がい者手帳取得の基準は非常に厳しく、片耳難聴の場合でも「両耳の聴力レベルが70デシベル以上」or「一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上」の基準を満たさなければ一般的に手帳を取得することはできないと言われています。

そのため障がい者手帳を用いて就職活動を行うことはできず、健常者と同様に一般採用枠での就職活動を行うことが基本となります。

※参考 聴覚における障がい者手帳 片耳難聴者は取得できないの?

しかし、片耳難聴者の多くは「聞こえにくい耳の方からの呼びかけ」「騒がしい場所での聞き取り」「大人数での会話」などを苦手としており仕事面において多くの不安を抱えています。

その一方で「片耳難聴というマイナス要素」を履歴書に書くことで不採用に繋がるのではないかという不安も同時に抱いています。

以上の背景から「片耳難聴」であることを履歴書に書くべきか否かについてご説明します。先ほど述べたように、個人的には書くことをお勧めします!

その理由について「書いた場合」と「書かない場合」のメリット・デメリットを用いて説明いたします。

※企業により大きく異なります。参考程度にご覧ください。

書いた場合

合理的な配慮

入社前に事前に伝えておくことで「難聴」の良き理解者・企業であれば配慮をしてくれるでしょう。

比較的会話が聞き取りやすい席を用意してくれたり、同僚となる人たちへの理解を求めてくれたり、場合によっては耳の影響を受けにくい職種を準備してくれる可能性もあります。👈ここまでする企業は少ないです(笑)

自分自身が「片耳難聴」であることを少しでも意識することなく働ける環境を用意してもられるのは大きなメリットです。適切な配慮をしてもらっていることにも感謝しましょう!

病院に行きやすい

「難聴」の原因は人により様々ですが、万が一出勤前や勤務中に耳閉感・めまい・過度の耳鳴りなどの「耳の不調」が起こったとしても企業からの理解は得られやすいです。

体調不良を起こしてから、「実は片耳が聞こえなくて」「めまいを起こしやすくて」「日によって耳閉感を感じやすくて」などを言うのはあまり好ましいとは思えません。

特に耳の影響から体調不良を起こしやすい人は採用段階で伝えとくのが良いでしょう!良い企業であれば、体調不良や通院などによる時短勤務も認めてくれることもあります。

社会人としての責任を果たす

「難聴」などの病気や障がいはプライバシーに該当するため、周囲にカミングアウトするかどうかは個人の意思次第になります。

履歴書に書くことは義務ではありませんが、社会人である以上「片耳難聴」であることを企業側に説明する行動は一つの責任とも捉えることができます。

入社後に何らかの理由でカミングアウトした際に、「なぜ言わなかったの?」「社会人として伝えておくべきだ」と言ってくる人もいるかもしれないので、採用段階の際に伝えとくのがベストでしょう!

不採用になる可能性も

「片耳難聴」のことを履歴書に書くことで不採用になることもあります。厳しい言い方になりますが、似たような能力を持っている健常者と片耳難聴者が採用試験を受け、そのうち1人を採用する場合、前者を採用する可能性の方が高くなるのは仕方がありません。

企業側の視点に立つと、片耳難聴者を雇う上で「周囲と溶け込むるだろうか?」「接客・営業はできるだろうか?」「大きな事故を起こしたらどうしようか?」などのリスクを考えてしまいがちです。

「片耳難聴」を伝えることは採用が不利に働くということは少なからずあります。

周囲の目が気になる

入社後は「特別な目」で見られてしまう可能性もあります。特にこれまで周囲に「難聴者」がいない人であれば「耳が悪いから飲み会は誘わない方が良いかな?」「耳が悪いから会話が苦手かな?」などと思われることもあるかもしれません。これに関しては、入社後にカミングアウトした場合でも同じことがいえます。

しかし「片耳難聴」のことを伝えないことで誤解を招き人間関係に悪い影響を及ぼすこともあります。ただこれらは人間関係が出来上がる前の問題です。その人と多くの時間を共にすることでそのような偏見はなくなるでしょう!

書かなかった場合

就職前も後も不安に駆られる

履歴書に書かないということは、当然ではありますが自身が「片耳難聴」であることを知っている人はいないということです。そのため「難聴」に関して周囲からの理解を得ることはできず、誤解を招く原因にもなりえます。

入社前には「入社してからやっていけるだろうか?」「騒がしい場所だったらどうしよう」入社後は「無視していたらどうしよう?」「この席位置だと聞き取りにくい」「今度の会議大丈夫だろうか?」などの不安や悩みを永遠と抱くことになります。

もちろん、履歴書に記載したうえで採用をされても上記の悩みがなくなる訳ではありませんが、少なからず軽減することはできます。仕事に集中したいのに、「片耳難聴」のことが気になるという状況を生み出すのは良いとは言えません。

退職勧奨をされる場合も

企業によっては、「片耳難聴」のような一種の障がいは採用前に伝えておくことが常識であると考えている場合もあります。

採用後や入社後にカミングアウトする、もしくは何らかの理由でばれてしまった場合、退職勧奨をする企業もあるということは頭に入れておきましょう。👈企業によります。

入社後に「片耳難聴」であることをカミングアウトしても即日解雇などをされることは極めて少ないですが、居心地が悪くなったり、周囲からの目が気になる原因にもなりますので、出来るだけ履歴書に記載して、採用段階で伝えておくのが良いでしょう!

採用確率は下がらない

上記で述べたことの逆です。企業によっては「片耳難聴者」を採用することに抵抗感がある場合もあります。履歴書に「片耳難聴」のことを記載しないということは「片耳難聴というマイナス要素」が理由で不採用になるということは無いということです。


以上が履歴書に「書いた場合」と「書かなかった場合」のメリット・デメリットです。

一概に書くことが良いと断言することはできませんが、履歴書に書かないことで周囲からの理解を得られなかったり、難聴を気にせざるを得ない環境で働く原因になります。

書くことで落とされるのではないかという不安は大きいかもしれませんが、「片耳難聴」であることを企業側が知らなくて採用されても不安に駆られてしまうことでしょう!

就職活動は企業と就活生の相互理解のための場でもあります。お互いがお互いを理解しあったうえで入社することが最も大切であると言えます。

個人的な意見ではありますが、「片耳難聴」を伝えて落とされることがあったとしても、採用されてから困るよりは絶対に良いです。

そして履歴書に書く場合は、自身の聴力のことを分かりやすく説明するように心掛けましょう!実際に苦手なことも伝えても良いと思います。

のうえで片耳難聴者だからこそ培われた能力・長所・意気込みについてもアピールしちゃいましょう!

※場合によっては入社前の健康診断で「片耳難聴」であることが分かる場合もあります。企業によっては相談に乗ってくれることもありますが、特に何もなく入社日を迎えることもありますので、採用段階で伝えることをお勧めします!

合わせて読みたいブログ⇒【就活の鬼門】片耳難聴 グループディスカッションの対策について

蜂の子ロイヤル 30日分

新品価格
¥2,980から
(2019/12/18 16:07時点)

【第2類医薬品】苓桂朮甘湯エキス錠N 135錠

新品価格
¥2,779から
(2019/12/18 16:09時点)

最後になんちの一言!

今回は「片耳難聴は履歴書に書くべき?」というテーマでお話しました。

入社後は働くことで精一杯になることが多いです。覚えることも多く、新しい人間関係に戸惑いを感じることも多いでしょう!難聴のことを極力考えなくても良いように、採用段階で「片耳難聴」を伝えておくのが最も最善の方法であると思います。

それでは次回またお会いしましょう!
Twitterのフォローよろしくお願いします
@nanti_tsunagaru

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

お問い合わせ

2件のコメント

コメントを残す