【必見】ストレスを溜めない方法!ストレス社会での生きる術を身につける!

どうも難聴ブロガーのなんちです(*^-^*)

今回は「ストレスを溜めない方法!」というテーマでお話します!

この内容は皆さんの日常生活に必ずといっていいほど役立つ情報になっているので最後まで見ていただけると嬉しいです。

結論から言うと、ストレスを溜めない方法は「依存先を増やすこと」です。※アドラー心理学を参考に制作しております。

ではなぜ「依存先を増やすこと」がストレスを溜めないために必要なのか、その理由についてご紹介します!

ストレスの原因は?

ストレスの原因は本当に様々です!

仕事の忙しさ・ノルマ・上司の態度の悪さ・給料の低さ・近所や友人とのトラブル・タバコなどの空気汚染・家族との関係性・育児や家事・病気・結婚生活・人混みなどあらゆる出来事から人間はストレスを感じます。

行動することで多少のストレスは付き物ですが、過度なストレスになるとうつ病や脳卒中・肥満や自律神経失調症など数多くの病気を引き起こします。

しかしストレスと一言でいっても感じ方って人それぞれですよね!

例えば上司から理不尽な事を言われたとしても100のストレスを感じる人もいれば、20のストレスしか感じない人もいます。

この違いって何だか分かりますか?

それは「その相手や環境にどれだけ執着しているか」なのです。

執着しすぎるとは?

例えば、いつも一緒にいる友人Aさんが、自己中でLINEの返信が遅くて、約束を頻繁にドタキャンするなどの性格だったらストレスは溜まりますよね。

同様に、会社で挨拶してくれない人がいる・同僚からいじめを受けている・無理難題な仕事を押し付けてくるなどのことがあればストレスを感じますよね!

しかし、そこで感じるストレスの度合いというのは、どれだけその相手・居場所に依存いるかで決まるという訳です。

友人Aさんしか友達がいなければ不都合なことが起きるとほぼMaxでストレスを感じますし、会社以外での自分の居場所がなければ、その会社に対してストレスが溜まる一方です。

複数の依存先を持つ

もちろんその相手に非があるケースも多いと思いますが、アドラー心理学では自分の課題に目を向けることが何より大切であると言っています。

上記とは別に仲の良い友達がいたり、ジムに行ってリフレッシュできたり、英会話教室に通って新しい文化を学んだりと複数の趣味や人間関係を持っていれば、一つの悩みに執着することはなくなります。

「家と会社の往復」・「いつも同じ友達との付き合い」・「専業主婦で話し相手は旦那」だけのように一つに依存し過ぎているとストレスを分散させることができません。

複数の居場所や選択肢を持つことがストレスを溜めないうえで最も重要なのです!

依存先を増やすことで人付き合いが増え、かえってストレスが増すと感じる人も少なくありませんが、これは逆です。

一つに執着しすぎることが「大きなストレス」を引き起こすのです。

これは人間関係における居場所だけではありません。

今の「会社の給料が低い」・「ノルマがしんどい」などのストレスはその会社に依存せざるを得ない環境をつくりだしていることが原因です。

もっと良い会社で活躍できる技術を学んだり、給料が低いことが原因であれば副業するなど数多くの選択肢を持ち、一つのことに執着しない自分自身をつくりましょう!

個人的には社会人サークルやジム・英会話教室や音楽教室・プログラミング学習がおすすめかなと思います!

最後になんちの一言!

さていかがだったでしょうか。今回は「ストレスを溜めない方法」をご紹介しました。

それでは次回またお会いしましょう!
Twitterのフォローよろしくお願いします
@nanti_tsunagaru

耳・鼻ランキング

難聴・聴覚障害ランキング

お問い合わせ

コメントを残す